…深い悩みに電話占いピュアリ…

ピュアリで縁切り相談

夫の友人と縁を切りました

夫とは結婚して3年が経つのですが、夫の中学生時代の友人がことあるごとに家まで遊びに来ることが多く、その度に色々と気に触ることを言い放ってくるのが非常にストレスになっていました。例えば部屋の調度品を見て趣味が悪いとか、もっとセンスのあるものをあげようかとか、こんな家よく住んでいられるね(4LDKのマンションでした。友人宅は広大な土地に建つ一軒家だそうです)あんな男(夫)を選んで何が良かったのとか、いろいろと言ってきます。夫は慣れているのか特に気にした様子はなく笑って流しているのですが、私にはそれが耐えられませんでした。また、自分のことや家のことはともかく、夫のことや夫が必死に選んでくれた調度品のことをバカにされるのも許せなくて、どうにかしたいと思っていたのですが、夫の手前、友人の悪口を言うこともできず、夫も私が苦痛に感じていることに気づいてないので、途方に暮れていました。
ある日ネット広告で電話占いで縁切りができると知り、思わず夫の悪友との縁切りをお願いしたい気持ちになり、すぐにサービスを利用することにしました。電話占いピュアリというところだったのですが、利用する前にいろいろ調べてみると、当たると評判の電話占いサイトらしく、利用者も多く、当たる占いをしてもらえることで人気なのだそうです。さらに電話占いなので誰かに聞かれるという心配もなく、安心して相談することができました。
夫のいない時を見計らい、電話占いピュアリに夫の友人について相談してみました。お願いした占い師の方はとても優しい方で、私の苦境を理解してくれた上で、夫の友人と縁を切るためのアドバイスを幾つか提示してくれました。
まずは夫に心情を理解してもらうことと、夫の友人となるべく距離を取るということを助言いただき、実践したところ、夫も理解を示してくれて、友人が家に来ることをそれとなく拒否してくれるようにしてくれました。その結果しばらくはいつも通り訪問することが続いていたのですが、1か月、2か月と経つうちに家に来る回数が減り、次第に遊びに来ることが亡くなりました。夫との連絡は取り続けているらしいのですが、家に遊びに来るということは全くなくなったのでほっとしました。占いのおかげで、具体的な行動ができたのでとても有意義に感じており、夫との仲もこれまで以上に強固になったように感じています。初めは縁切りってどうかなと思っていたのですが、電話占いピュアリで縁切りのための占いをしてもらって良かったです。

縁切りは人だけじゃない

私は以前電話占いで縁切りをしてもらいました。縁切りといっても誰か人との縁切りではなく、物事との縁切りでした。
私は昔からギャンブルが大好きで、そのせいで辛い目に合うことも多くありました。有り金全部スッてしまうこともたびたびあり、その度にもうギャンブルはやらないと誓うのですが、すぐにまたギャンブルに手を出してしまいます。ちょっとでも勝った時の喜びは大きいですし、それが大きな勝ちともなれば今日は調子が良い、また勝てるとどんどん深みにはまっていきます。逆に負ければもうやらないと思えるのですが、あの買った時の喜びが忘れられずにまた手を出してしまうという繰り返しで、辞めたくても辞められずにいました。自分のギャンブル趣味のせいで家族にはたくさん迷惑をかけているし、家族のためにもどうにかして辞めなければという思いがあったのですが、どうにもならずに困っていました。
そんなときに縁切りができる電話占いがあると聞いて、藁にもすがる思いで頼むことにしました。電話占いピュアリという占いサイトで、普段は恋愛や人間関係に関する占いの相談が多いらしいのですが、縁切りについての相談も受け付けているというので、電話占いピュアリで縁切りの相談をすることにしました。縁切りができる占い師さんの中でも評判の高い占い師さんを指名し悩みを打ち明けると、いきなり占い師さんが、私がギャンブルを始めた時期を言い当てたのです。ギャンブルから抜け出せないことは話しましたが、いつ頃からハマったのかとか、ハマったきっかけなどは話していなかったので、とても驚きました。さらにやめようと思ってもやめられなかったこともお見通しでした。話をしている内に、冷静に過去を受け止められるようになり、もやもやとした気持ちが晴れたような気持ちになったのです。
占い師さんの助言を受けて、今は少しずつ回数を減らせるようになり、気持ちもコントロールできるようになりました。時間は掛かりそうですが、この調子なら縁切りも可能だと前向きに考えられるようになりました。これも全て、電話占いピュアリのおかげです。人以外との縁切りだから最初は大丈夫かな?という思いもありましたが、相談してみたら的確なアドバイスなどでとても救われました。電話占いピュアリに相談して良かったです。